とんがりギャルゲー紀行 第106回:鬼うた。〜鬼が来たりて、甘えさせろとのたもうた。〜

 こんにちは。ちょっと最近は忙しくて、隔週の更新が続いて申し訳ありません。もうすぐ出るゲームキューブパーフェクトカタログの制作作業をしておりました。脱衣麻雀の本と入稿時期が被って大変でしたが、なんとか読者の皆さまにお届けできそうで一安心です。私もソフトの紹介を一部書いておりますので、よければ買ってくださいね(宣伝)。

 さて、それでは本日もとんがったゲームを紹介していきますよ。あ、今回はちょっと閲覧注意です。猟奇的な要素が入りますよー。

鬼うた。〜たりて、えさせろとのたもうた。〜

 130cmが2009年6月にリリースした、依存少女たちによる嫉妬・修羅場AVGです。あらすじは以下のとおり。

都会から遠く離れた寒村、詩乃塚村――

その村の頂上に位置する神社、詩乃塚神社の神主の息子・美作秋人は、
自分の交友関係の狭さ――率直に言えば友人の少なさ――に悩みを抱える学生。

ポンコツ美人で超絶ブラコンの愚姉。美作小春に振り回され、
想いを寄せる幼馴染・宮部綾子には何故か日常的にストーキングされ、
様々な噂とともに完全にクラスで“浮いた”存在になり友人皆無の現状を、
心機一転、改善するために意気込んでいた。

しかし、学校の新年度を明日に控えた夜に、運悪く賽銭泥棒に遭遇し殺されてしまし、
その短い人生に幕が降ろされ――

――たかに見えたが、

突如現れた見た目少女の鬼の姫にして土地の守り神・姫歌に助けられ、一命を取り留める。

しかし、姫歌はその代償として力の大半を失ってしまい、
秋人を助けた礼として自分の面倒を見ろと言って家に転がり込んできた。

ここぞとばかりに秋人に甘えまくる姫歌に、
嫉妬心を燃やした小春は事あるごとに姫歌と対立。

そして、秋人は姫歌VS小春の「駄々甘え合戦」の渦中に巻き込まれていく――

 ラブコメの波動を感じますよね? その直感、間違いではありません。主人公にベッタベタ甘えまくるロリ神様と実姉と一つ屋根の下で暮らして学園も一緒に通う楽しい毎日が待っているのは本当です。

 でもね、これ、とんだトラウマゲーなんですよ。中盤から猟奇的な展開になってヒロインが死んだり病んだり発狂したりするんです。きゃっきゃうふふの恋の鞘当てでは済みません。なんならルートによっては主人公の姉・小春が姫歌を殺したと思われる描写すらあります。「やーい、お前の姉ちゃん神殺しー」なんて、冗談で済ませられるならよかったんですけどね。やんぬるかな。

ガチの殺人(神?)に発展する2人
この先は単行本をお求めの上お楽しみください

当記事に関連する商品紹介