とんがりギャルゲー紀行 第26回:SM調教師「瞳」 VOL.1

 ごきげんよう皆さん。
 先日のレトロエクスプレス55号では沢山の方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
 ちなみに前田尋之氏の隣で売り子をしていたのが、とんがりギャルゲー紀行の中の人こと私です。もしかすると読者の皆さまとも知らずに顔を合わせていたかもしれませんね。

 さて、本日もそろそろとんがったゲームを紹介していきましょうか。
 今回紹介するのは『SM調教師「瞳」VOL.1』。非公式ながらスーパーファミコンで遊べる美少女ゲームシリーズの1作目です。『THE地雷エロゲー』でも取り上げたタイトルですね。

 レトロエクスプレス5号で『ジーコサッカー』が売られているのを見かけたので、今回はこちらを紹介作品に選びました。
 このゲームを知らない人は、なぜ『ジーコサッカー』から連想したのか不思議に思うことでしょうが、突飛な考えというわけではないんですよ。

 一部で有名な話ですが、『SM調教師「瞳」VOL.2』は『ジーコサッカー』のROMを書き換えて制作されたタイトルなのです。
 『ジーコサッカー』は発売からあまり間を置かずにワゴンに積み上がってしまった不遇のタイトルでしたが、それは氷山の一角。たくさん作られたわりに発注がこなかったようで、ワゴンにすら届かずに流通在庫としても大量に積み上がっておりました。

 そうして、『SM調教師「瞳」』の錬成素材となったというわけです。

この先は単行本をお求めの上お楽しみください

当記事に関連する商品紹介