とんがりギャルゲー紀行 第82回:ラブひな 愛は言葉の中に

さて、本日もとんがったゲームを紹介していきますよ。

今回ご紹介するのは赤松健のマンガ『ラブひな』を題材としたゲーム、

作画はアニメ版ではなく原作準拠のようです

『ラブひな 愛は言葉の中に』(2000年9月28日/Playstation)

『ラブひな』を知らない方のために簡単に説明すると、小さい頃の約束を果たすために東大を目指して二浪中の青年・浦島景太郎が祖母の経営する女子寮「ひなた荘」の管理人をすることになるというお話です。女の子とたびたびラッキースケベに遭遇しては吹っ飛ばされる不死身(?)の主人公と、2ページに1回はパンチラが出るお色気要素が見どころな1作。この作品で出てくる京都神鳴流が同じ作者によるマンガ『ネギま!』『UQ HOLDER!』にも出てくるので、設定は繋がっているようです。

と、ゲームの説明に戻りますね。

この作品は、ポケットステーションを使ってゲーム内で使える言葉を集め、入手した言葉のペアができるとその言葉に関わるエピソードを見ることができるアドベンチャーゲームです。

集めた言葉をひなた荘の住人である「なる」「しのぶ」「カオラ」「キツネさん」「素子」のそれぞれの部屋で組み合わせると、部屋の主がメインの話を閲覧できます。エピソード閲覧中は主人公含む全員フルボイスの豪華な内容がオートで流れます。原作の絵と雰囲気を再現したお話の数々は、ファンであれば十二分に楽しめるものとなっています。

パンツを見てないのにぶっ飛ばされる不具合

おそらくヒロインのパンツが見えたであろうイベントでも肝心な部分が見えないという不具合はありますが、そこはコンシューマゲーなので仕方がないですね。

ちなみに言葉の入手方法はリモコンの赤外線を受信したり友達と言葉を交換する赤外線通信とミニゲームのじゃんけんに限られており、いずれもポケットステーションを必要とするためポケットステーションは必須となっています。

懐かしのポケットステーション
ゲーム起動時に注意が出ます
この先は単行本をお求めの上お楽しみください

当記事に関連する商品紹介