とんがりギャルゲー紀行 第23回:わくわく☆惑星プリンセス

さて、今回もとんがったゲームを……というよりわりとイカれたゲームを紹介します。

今回紹介するのは『わくわく☆惑星プリンセス』です。

前回紹介した『扉の向こうは』をリリースしたドールハウスの姉妹ブランド・パンピーの作品です。

1998年のゲームなんですが、同じ年に『Natural~身も心も~』『ぱすてるチャイム』『下級生』などの名作が出た影で、こんな闇の深い作品が出ていたんですね。ある意味豊作の年でした。

ストーリーは以下の通り。

車の運転の練習をしていた僕は
とある山奥で謎の宇宙船が不時着しているのを目撃した。
固唾をのんで見ていると中からヘンテコな服を着た女の子が現れ、
「落ちたのはあなたの責任よ」と言って、突然僕のモノを口に……。
いきなりの展開に、しかたなく成りゆきに身をまかせてしまったのだが、
話を聞いてみると、宇宙船の発進のためにイクイクパワーが必要だという。
かくして、より多くのパワーを集めるため、
僕は知り合いの女の子たちに電話をしたのだが……。

イクイクパワーってなんなんでしょう。いや、一応作中で絶頂時に溢れる力みたいなものだと説明されるのですが、それでもなんだこれという疑問が消えません。

ちなみに宇宙船の不時着は主人公のせいです。「車の運転の練習をしていた僕は」とあらすじには書いてありますが、実際はそういった描写はさほどなく、なぜかおもむろに自慰を始めてしまいます。それで彼のイクイク(絶頂寸前の状態のことらしい)が通りすがりの宇宙船のナビを狂わせ、故障の原因となったわけですね。そんなことで故障するとか宇宙船もろすぎやしませんかね……。あっ、でもチ〇〇に弱い宇宙船っていうとなんだかエロく……ないな。

この先は単行本をお求めの上お楽しみください

当記事に関連する商品紹介