第2回『赤ずきんチャチャ チョットダケヨ ヲタ飯プラス』における見逃せないポイント!?

読者諸兄お元気であるか?小生 68おじさん である。もう名前は覚えてくれたであろうか…

  『黄金のマスク SHARP X68000』

の名前を 当時のTVCM から思い出してくれ。これを知らんと 小生の存在の意味が無い のだ。その昔TVで早朝に放送していた

     『パソコンサンデー』

をご覧の諸兄は知っているであろう……。

 

さて、前回から記事連載を担当する事となったが 当HP管理人氏 より 意外な言葉 を頂戴した。

如何わしく見える 68おじさん ですが なかなかの人気ですよ!

(如何わしいは余計じゃ!)

前田氏、その話は本当か!?信じて良いのか?初回投稿のみでひっそりと終わる、68おじさん など知らん…と密かに消える予定が… 管理人殿 よりGO!サインを頂戴したので恐れ多くも次の投稿をさせてもらおう。諸兄と再会出来嬉しく思う!今後とも宜しく頼みたい……。

そして小生 68おじさん 専用のコーナーまで 前田氏 は開設下さった!!ツタンカーメン!?ファラオ!?よく判っておる…、んっ?ひょっとして 前田氏 X68000ユーザー だったのであるのか?

詳細は当HPボスの連載コーナーをお読み下さい(68おじさんの中の人より))

さて第二回目である、この『赤ずきんチャチャ チョットダケヨ ヲタ飯プラス』の二次創作作品については、小生の前回の記事をお読み頂ければ少しご理解頂けたかもしれぬが、彩京STGX68000で稼働させたらこうなる!という感じで難易度的には控え目。AC版の 彩京作品 をプレイされた諸兄であれば何かを感じてしまうだろう。

この作品は 音楽 も非常に印象と残るモノとなっておる。ディスクの中にある開発後記を見ると作曲家 さんたるる 氏による解説も。作曲者とシーケンス入力と何人かが当作品の楽曲担当のようだ。FM音源(YM-2151)から奏でられる楽曲は大変心地良く小生の好きなサウンド。実際この作品を手にした当時の 68おじさん の友人らも絶賛しており、サウンドテストで今も流しておる。MIDI音源にも対応している事も忘れてはならない。小生個人は FM音源バージョンが特にお気に入りだ。

この作品に当時どっぷりと浸かって惚れ込んだ理由の一つでもあった 音楽 効果音FM音源が大好きな小生は当時からゲームで遊び、クリア後には サウンドテストで楽曲を流し、一人幸せな日々を送っていた。ひょっとしたら諸兄…同じ事をされていなかったであろうか?

この作品は音楽を鳴らすミュージックドライバーに MCDRV.X を採用しており、MMDSP.R を用いてFDに収録された楽曲をこのように楽しむ事も出来る事は諸兄もご存知であろう。

さて、音楽や効果音 は ゲームに無くてはならない要素の一つ という事を小生伝えたいのは察して頂けたか?勿論多くの諸兄が頷いてるである事を前提にこの投稿は続くのであるが、この作品のもう一つの魅力をそろそろ語らねばなるまい……。

前回の投稿記事の最後のボス写真、恥ずかしくも GAME OVER と映っておるが…よく見るとこのボス、大変な美少女 である。いや、そうじゃない!この娘の登場場所としては何かしら不自然 ではなかろうか?そうだ、この娘は学校の帰りに『伝説の木の下』で 告白して欲しい女子 ランキング1位  の詩織女史 ではないか……。

いかん、いかん!制服ではなく 水着で挑発 しておる。これは何故だ!?何故このゲームは赤ずきんチャチャという名前なのに(?)この娘が水着でボスとして登場するのだ!?いや、いいんだそれで嬉しいから……イヤ、そうではなくて。(小生取り乱しておるが許されよ)

なんと、前回読者諸兄に「薄い本はご存知か?」と訪ねた小生だが、このゲームの紹介せねばならぬ所に辿り着いたようだ。

ゲームも適度な難易度で 二次創作 における愉快なキャラクターも出演している同人作品クォリティ高い本作 であるが……ステージボスを初めて見てその後の展開に期待するなというとすれはそれは無理でしかない。自称プロゲーマー (スルー推奨) 小生。まずは一人目の女子を STGで口説く事 我成功なり!!(次号に続く

 

当記事に関連する商品紹介

ABOUTこの記事をかいた人

68おじさん

若かりし頃、ゲーム遊戯によりお金を稼ぐ事を夢見ていた中年男性。 e-sports の到来により果たせなかった プロゲーマー が本当に職業としてこの世にある事を心から喜ぶ、レトロゲームを愛する熱き男。 イベントでツタンカーメン のコスプレをして、68おじさん が自身である事を知らしめる活動をしている。